ワンポイントレッスン

けいらくビクスでは、自然の摂理に合わせた身体づくりを目指すため、季節に応じた動きを大切にしています。
ここでは季節ごとにワンポイントレッスンを紹介しています。

今回の担当は、小野京子 インストラクターです。

「春のけいらく」立春(2月下旬頃)から

〜 体側の伸び縮みで内臓刺激&イライラ解消 

春は気温の上昇とともに身体も温まり、体内を巡る気が充実し、やる気に満ちてきます。東洋医学では、春の内臓である肝臓、胆のうの機能が低下すると筋肉がこわばったり、怒りっぽくなると考えられています。そんな時、体側にある胆の経絡を刺激して経絡の滞りを解消していきましょう。

〈春の経絡〉

● 肝経  〈 足の親指から胸の下まで  〉
● 胆経  〈 目尻から足の薬指まで   〉

椅子に座って「さくらの動き」

①息を吸いながら、手のひらを上に両手を横から上げ、頭上で合掌する
②片手は伸ばしたまま、息を吐きながらもう一方の腕の力を抜いて体側をなでおろす
③下ろした腕を、息を吸いながら真横から半円を描くように上げ、両手を合わせる
④反対側も同様に動作を繰り返し、左右1セットとする
⑤2、3セット繰り返し、頭上で合わせた両手を息を吐きながら胸元に下ろし、もう一呼吸する

ポイント
・上に伸ばしている腕は高く伸ばし脇をストレッチする
・腕を下ろしていくときは、腕の力を抜いて脇腹を縮めるようにする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です